神戸市西区「株式会社小池農園こめハウス」

神戸市西区の株式会社・小池農園こめハウスは「神戸から新しいを発信したい。」をモットーに農業、土地、農作物を活かした体験ツアー等、様々な企画にも挑戦!「Kobe Foo Style」にも参加中!

小池農園こめハウスについて

所在地
〒651-2234 兵庫県神戸市西区櫨谷町池谷766
電話番号
078-991-0826
FAX番号
078-992-8255

農家と都市住民をつなぐ小粋な神戸風・食スタイル「Kobe Foo Style」参加中!

神戸市西区櫨谷町池谷766 078-991-0826

小池農園こめハウス | 小池農園こめハウスとは?会社概要・コンセプト | 兵庫県神戸市西区

ホーム > 小池農園こめハウスとは?会社概要・コンセプト

小池農園こめハウスは

神戸が大好き。安心な農産物を作りたい。神戸で採れた旬を感じてほしい。食べることの大切さを知ってほしい。神戸から新しいを発信したい。

小池農園こめハウスは、神戸が大好き。安心な農産物を作りたい。神戸で採れた旬を感じてほしい。食べることの大切さを知ってほしい。神戸から新しいを発信したい。

誰かのことをおもう。

「食べる人の顔を浮かべながら米を育てたい。」
小池農園こめハウスでは、食べてくれる人の顔を浮かべながら、心をこめて農作物を生産しています。

神戸から新しいを発信したい。

新しいライフスタイル「週末の田舎(ふる里)」

農作物を売るだけでなく、作る人や農地、人間関係、土や機械、それらの物語を伝えていくことを大切に考え、「Kobe Foo Style(公式サイト準備中)」プロジェクトを開始。農作物を作っている山賊(のうか)・海賊(りょうし)と出会うツアーや、その土地で実際に農作業を手伝う「援農ツアー」もスタートさせました。今後も農家と消費者を繋ぐ小粋なイベントを企画しています。

神戸のブランド米「神戸米」

小池農園こめハウスでは、農薬・科学肥料を極力減らして育てた、子供からお年寄りまで安心して食べられる体に優しい神戸のブランド米「神戸米」を生産しています。

神戸のブランド米「神戸米」

100kg単位の発注にも対応できるよう、当農園では大型冷蔵庫を完備し、「神戸米」を玄米の状態で保管、ご注文ごとに新米を精米するので、新鮮な美味しさをいつでもお届けさせて頂きます。「神戸米」詳細はこちら

様々な農作物を生産

甲子園球場約10個分の相当する40haという広大な耕作面積を活かし、神戸米以外にも、小麦、大豆、蕎麦、野菜、飼料作物などの生産も行っています。「商品紹介」はこちら

会社概要

社名 株式会社 小池農園こめハウス
所在地 〒651-2234 神戸市西区櫨谷町池谷766番地 アクセスマップ
電話番号 078-991-0826
FAX番号 078-992-8255
代表取締役 小池 潤
法人設立 平成23年4月11日
社員構成 正社員6人 アルバイト2人(平均年齢30.6才)
耕作面積 40ha(甲子園球場約10個分)
栽培品目 水稲15ha 小麦7ha 大豆8ha 蕎麦1ha 野菜1ha 飼料作物8ha(牛や鳥の食糧)
作業受託 100ha(各種オペレター)
太陽光発電 30kw

商標登録

小池農園こめハウスでは、下記画像に対して商標登録を行っております。